メニュー

ブログ

ダイエットの失敗から学ぶ真の痩せ方とは


「私何回やってもリバウンドしちゃうんです」
「何をやってもダイエットが続かないんです」
「ダイエットに向かないんです…」

ダイエットをしている方からよくこのようなことをききます。

確かにダイエットは効果が出るまでに期間が必要で、その間全ての管理を自分で行わなければならないため、上記のような悩みが出るでしょう。

ではなぜダイエットを成功できる人とそうじゃない人が現れるのでしょうか?
今回は、失敗例から学ぶダイエット成功のための方法についてお伝えします。

1.食事は抜かない!ストレスがダイエット成功を遠ざける

ダイエットを始めて、体重を減らしたいと思う方の多くは「食事を抜く」という手法に出ます。
これは、確かにエクササイズ方法などの知識も必要なければ何か余分に用意するものもなく、手ごろに始められるという風に見えます。
しかし、ファスティング(断食療法、絶食療法)にもいろいろな方法があり、正しく行っていくためにはそれなりに情報が必要です。
そして、一番多いのがファスティングにおいて何も食べず、その我慢する過程でストレスを持つ方が多いということです。

ストレスは、肥満や体重増加と因果関係を持っています。
何かを無理に我慢して脳にかかったストレスは、視床下部からACTHというホルモンを分泌さえせ、ACTHが副腎に作用することによってコルチゾールというホルモンを分泌させます。

ACTHやコルチゾールは、中心性肥満、腹部肥満、過食、血糖上昇等の作用を持ちます。
また、このホルモンは、慢性ストレス時に分泌されるホルモンで、無理なダイエットによってさらに分泌します。

これが、過食や肥満などの生活習慣病を引き起こしたり、ダイエットの成功を妨害します。
つまりストレスを感じない範囲でダイエットに挑むことが重要なのです

2.自分の行動を過大評価し結果を受け入れる姿勢が作られていない

「ちょっと努力すればすぐに痩せるから。」
「若いときは運動すればすぐ痩せたし、今も過ぎに痩せられる。」
「去年の夏も3キロ痩せたし今年も大丈夫。」

のように、「~したし」や「~だから~」と言った感じで自分の行動を過大評価し、甘やかしていませんか。
ダイエットはそう簡単に効果が出るものではありません。
私たちは自己承認などを繰り返していく中で、少し受け入れがたいことへ直面した時にすぐそこから逃げたい、避けたいと逃避したくなります。

そうするといつまでたってもダイエットの成果は出ません。

「これは、今の本当の自分じゃない。」
「何で戻らないの。」
「いつでも戻れるしいいや。」
などのストレスや甘えが出てきます。

この場合、多くの人はダイエットをすることに対して義務感を感じている方が多いです。
自分の理想の体型を毎日イメージして楽しくダイエットを趣味にしていくことから始めていきましょう。

人間にはいくつかのタイプに分けられています。
その中に「現実逃避」や「自分への不信」というものがあります。

これは今の自分を信じることができず、何か他のものに
興味や視点をあてて今の自分をみつめることを負と考えるタイプです。

人は誰でも自分の負を自分でみとめること嫌います。

でももし、何をやってもダメ。
ダイエットに関してそのように考えられているのであれば、
自分を認めて自分に合うダイエットの方法を身につけていきましょう。

3.寝不足がちで常に睡眠不足

毎日トレーニングを続け、健康的なカラダの状態を維持することが、ダイエットには重要です。
次の日に疲れが出てしまい、その日に動けなければダイエットの意味はないですよね。
疲れを残さずに効果的にカラダを絞っていく上で必要になるのが、「睡眠」です。

日本は夏は暑くて寝つきが悪く、冬は寒くて寝起きがつらい。
このように季節ごとに睡眠の対策は大きく異なります。しかし、睡眠は毎日とるもの。

できることなら、質の良い睡眠をとる習慣を獲得し、疲れないカラダづくりへと持っていきたいですよね。
また良質な睡眠はカラダの不調を整える効果もあるので、取り方次第で次の日のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

睡眠の質を向上させるためには体温が重要です。
上質な睡眠をとるためには、寝る直前にお風呂に入りカラダがポカポカな状態になってから寝付く傾向が多いです。

しかし、実は人間は身体の深層部の体温が低下していかないと眠りに入りにくいのです。

つまり、お風呂などで一度体温が上昇して、そのあとゆっくり下がっていき、眠りに入る。
この流れで熟睡に入ります。この時末端部の皮膚は皮膚温上昇で体温が上昇しているという錯覚に陥るのです。

ということは、体温をあげる食事、入浴、運動は寝る直前には極力控えるべきということですね。

質の良い睡眠をとるためには、早めの入浴後、リラックスタイムを設け、体温が落ち始めたころに布団に入るのが理想ですね。

4.まとめ

ここまでダイエットの失敗事例をもとに、正しいダイエット方法の考え方と行動についてお伝えしました。

ダイエットを成功させるためには、失敗事例から同じ過ちを犯さないように学んだ上で、自分に適した、トレーニングなどのエクササイズを通して、順調に痩せやすい体へと変化させる仕組みを作ることが重要です。

早い方でもこの痩せやすい体になるためには3ヶ月程度かかると言われており、そこからそれを維持するためには習慣的なエクササイズが必要になります。

つまり、ダイエットを成功させるためには、失敗しない生活習慣の上に適度な運動習慣を獲得することが重要なのです。

この記事でご紹介した方法はどれも実際にトレーナーが現場でお伝えしているものばかりです。お伝えしたそのものはとても効果的なものだと自信を持ってお伝えできます。

しかし、それ以上に重要なのが、実際にあなたの体の状態を見た上であなたにあったオーダーメイドの改善方法を処方することです。

からだpiaでは、優れた専門知識を持つトレーナーがあなたの悩みを解決いたします。ご自身の体を効果的に変化させたい方は一度ご体験いただくことをお勧めします。

お問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。

あなたの体の変化を是非一度体感ください。

電話番号
03-6356-0452
受付時間
営業時間11:00~21:00(完全予約制)

西麻布交差点から徒歩20秒